顧客ロイヤルティが生み出す新たな価値

消費者にあらゆる選択肢のある現代、顧客維持のためにはロイヤルティの向上は欠かせません。
ここでは、ロイヤルティを再考し、それがどのようにLTV向上の原動力となり得るかをお伝えします。さらに、ロイヤルティ プログラムを再編するにあたって、どのようなアプローチから始めれば良いのかをディスカッションします。割引プログラムにとどまらない、顧客体験を描くための、入力としての「データ活用」から、出口戦略としての「ベネフィット」まで、専門家をゲストに迎えてお話しします。


【スペシャル セッション】データの出口戦略としての顧客ロイヤルティ

米国よりTHE NORTH FACE & Vansのロイヤルティ プログラムを構築したイアン・デュワー氏が日本初登壇! 購入ユーザーの50%がプログラム会員だというVANS FAMILYにおいては、ユーザーを驚かせるようなコンテンツや購買体験を提供。THE NORTH FACEは長くエシカルなブランド コンセプトを体現し、数百万人のファンをつなぎとめています。本セッションでは、ロイヤルティ プログラムの第一人者であるイアン氏がプログラム成功の秘訣を初公開します。

【事例対談】JTさんと考える「顧客ロイヤルティ プログラム 基本の “キ”」

JTは喫煙者向け統合プラットフォーム「CLUB JT」を通じ、 ポイントプログラムや喫煙所MAP、オンラインショップなどの会員向けサービスを提供。CLUB JTにおける今後の会員体験のあり方を、JTより2名のマーケターをゲストにお迎えし、考察します。チーターデジタルが提供するロイヤルティ プログラム ワークショップを題材として、プログラムのポジショニング、カスタマージャーニー上の注力ポイントなど、顧客体験を形作る重要な要素を探る、ロイヤルティの基本を学べるセッションです。

MAの進化

BtoCビジネスの企業の中でもマーケティングオートメーションは広く浸透してきました。「顧客一人ひとりの行動や嗜好に合わせたOne to Oneマーケティング」とは、具体的にどのように展開していけば良いのでしょうか。
ここでは、高度なパーソナライゼーションや、MA活用のその先にある顧客のロイヤル化をを目指す2社にご登壇いただき、新しい時代のMA活用をディスカッションします。


    
【事例対談】アダストリアが目指す、パーソナライゼーションの世界

世界中のブランドが、パーソナライゼーションの実現に舵を切っています。本セッションでは、アダストリア 執行役員 マーケティング本部長 田中氏をゲストに、アダストリアが目指すパーソナライゼーションの世界をディスカッションします。アプリのプロフィールデータ活用、店舗スタッフが毎日投稿するスタッフボードの活性化、QAレビューの利活用など、成果の上がった具体的な戦術もご紹介していきます。

【事例対談】MAからロイヤルティへ - ゆこゆこのハイブリッド ホスピタリティ ジャーニー

人気宿から穴場旅館まで、日本の温泉旅館の宿泊予約ができる「ゆこゆこ」。コロナ禍の旅行消費が減少する今だからできる対策として、さらに顧客の理解を深めています。大切な記念日やペット旅行ニーズ、健康不安の有無など、旅行を形つくるゼロパーティ データを収集し、顧客ホスピタリティを重要視したカスタマージャーニーを設計。本セッションでは、従来のマーケティングオートメーション活用の枠を出て、紙媒体やデジタルを連携し、顧客ロイヤルティへ貢献するMA活用の視点をご紹介します。

脱クッキー時代のデータ活用

サードバーティCookieの利用制限による、リターゲティング広告の制限、消費者のプライバシー意識の変化など、顧客データをとりまく環境は今まさに大きな変革の時代を迎えています。顧客一人ひとりを真に理解し、画期的なパーソナライゼーションを実現するためにはデータの活用が欠かせません。
ここでは、脱クッキー時代におけるチーターデジタルのビジョンや、データ活用を通じて顧客ロイヤルティを向上していくツール活用についてディスカッションします。


    
【Product Session】チーターデジタルが描く次世代のプロダクトビジョン

マーケターを取り巻く環境は、大きく変化を遂げてきます。脱クッキー時代の消費者理解やトランザクショナルなマーケティングからの脱却。クーポンやポイントのみではない、顧客ロイヤルティへの取り組み。本セッションでは、チーターデジタルのCustomer Engagment Suiteがいかに現代のマーケター課題を解決できるかを、今後の製品ロードマップと併せてお伝えします。

【Product Session】脱クッキー時代の ゼロパーティデータ活用と顧客ロイヤルティ - チーターデジタル x トレジャーデータ連携の可能性

チーターデジタルはこの度、Customer Engagement SuiteとTreasure Data CDPとのデータ連携を発表しました。本セッションでは、連携より強化される3つのベネフィット「1. 顧客解像度の向上」「2. マーケティングオートメーションの実施精度向上」「3. ロイヤルティ プログラムの精度向上」において、その可能性を事例を題材にディスカッションします。CDPをすでに活用の方、MAを導入済みの方、もしくはそれぞれのツールを検討中の方にオススメです。