[基調講演] Japan Signals オープニング - 次世代の顧客エンゲージメント

Japan Signals開催初日の基調講演では、アメリカで展開されたSignalsのエッセンスを抽出し、サマリーをお伝えします。さらに、2020年に進化を遂げた、ゼロパーティデータと顧客ロイヤルティがつくり出す新しいマーケティングコンセプトやフレームワークについて、各業界の事例と共に考察を深めていきます。


[事例対談] マガシークの事例に学ぶMA運用と施策実施

マーケティング オートメーション (MA) ツールが日本に上陸してから早6年が経過し、マーケティングを効率化する手法としてその役割を確立しました。ファッションECサイトを運営するマガシークでは、これまでに複数のMAツールを使い、顧客エンゲージメントを高めるためのシナリオを数多く実施してきました。このセッションでは、マガシークにおけるCheetah Messagingのコミュニケーション シナリオのご紹介と、運用面の改善を含めたマーケティング効果をご紹介します。

ポストクッキー時代に顧客関係を強化する、ゼロパーティデータ

インタラクティブなブランド体験の提供を通じて、ゼロパーティデータを収集・活用している企業の取り組みを中心にご紹介します。


[事例対談] ゼロパーティ データが導く新時代の顧客エンゲージメント - JTBが切り拓く「旅行」を軸とした真の顧客理解とは?

個人情報保護規制が強化される中、消費者の許諾に基づき嗜好情報・購買意向を収集するゼロパーティ データという考え方が登場しました。JTBではCheetah Experiencesを使い2つのゼロパーティデータ収集施策を実施し、新たなデータ活用を通じた顧客エンゲージメントのあり方を模索しています。本セッションでは、施策の実施に至った背景や実施内容のご紹介とともに、実施結果を通して見えてきた、「旅行」を軸にした真の顧客理解のアプローチの可能性をお伝えします。もちろん他の業界にも応用可能な内容です。

顧客ロイヤルティ進化論 - 現代版プログラムから学ぶ、ロイヤルティ経済圏の構築

ブランド資源を使いロイヤルティ経済圏の拡張に成功している先進企業の事例を基に、現代版ロイヤルティ プログラムの構築方法を紐解いていきます。


[事例対談] CLUB LEVI'S®におけるロイヤルティ醸成

世界中で150年以上愛され続けているジーンズブランド『Levi’s®』。リーバイ・ストラウス ジャパンでは、会員プログラム『CLUB LEVI’S ®』を2019年10月にリニューアルし、会員それぞれの嗜好に合わせたコミュニケーション設計やブランド体験の提供に取り組んでいます。このセッションでは、Cheetah Messagingで実施しているコミュニケーション シナリオの紹介とともに、会員分析を通して見えてきたリーバイスならではの会員プログラムのあり方を語っていただきます。